結婚期に必要な備え

それぞれの状況に応じた
将来計画をふまえた備えを。

結婚は人生の大きな転機です。独身時代は自分だけのことを考えていればよかったのですが、結婚と同時に守るべき人ができます。生計をともにするこのステージでは、家族を守るという観点で備えを考える必要があります。
とはいえ、共働きなのか、将来的な子供の計画はあるのか、親との同居は必要か、といったそれぞれの状況によって考えるべき備えは変わってきます。将来計画をふまえて検討しましょう。

結婚期の備え

備えのポイント

世帯主や配偶者に万一のことがあった場合

家計を担う世帯主に万一のことがあった場合、遺された家族の経済的な面を支えるための補償が必要です。またダブルインカムなど、配偶者にも収入がある場合も同様に備えが必要になります。

おすすめの保険
WEST総合保険
団体がん保険

住宅や自動車などの財物に損害があった場合

結婚後に住宅を購入するケースも多いと思います。住宅ローンを利用する可能性もありますので、万一の火災事故などにもしっかりとした備えが必要です。また、自動車についても、車両保険に加入するなど、財物の損害に対する備えを検討しましょう。

おすすめの保険
クルマの保険
住まいの保険

老後の生活費を準備する場合

将来設計と準備は早い時期に始めたほうが負担は少なくて済みます。また、長生きがリスクになる時代とも言われていますので、貯蓄は長期的な計画をもって取り組んでおきましょう。