団体がん保険

「がん」は治る時代となりつつあります。

保険料割引率、最大37%!
がんと診断確定され、がんの治療を直接の目的として入院されたときの入通院費用や、手術費用を補償するための保険です。

がん入院保険金、がん手術保険金、がん通院保険金のほか、また、がんと診断確定された際のがん診断保険金など、がんに特化した手厚い補償が受けられます。また、先進医療等費用補償特約をセットすると、先進医療の技術料を通算500万円まで補償します。

こんな方におすすめ
がんによる入院や手術に備えたい
お金の心配をせずにしっかりとした治療をしたい
先進医療にも対応した補償が欲しい

※ 割引率37%は団体割引30%と優良割引10%を連乗したものであり、2019年4月1日から2020年4月1日までの契約に適用されます。団体全員の加入者数・損害率などにより、割増引率が変わり、保険料は毎年見直されます。

OBの皆さま

団体がん保険の補償例

補償例

団体がん保険の特長

1悪性新生物と診断確定されたら、上皮内がんでも最高200万円をまとめて受け取れます。

がん治療の開始前または初期段階に、まとまった資金を準備できますので、先進医療や自由診察といった治療方法の選択肢が広がります。

2がん以外の病気による先進医療治療を受けたときも、1回につき最高500万円まで先進医療等費用保険金を受け取れます。

先進治療による治療費は高額になることが多く、また健康保険の適用外のため実費負担になります。月々わずかプラス20円で高額な治療費をカバーすることができます。

3がん診断保険金は、最初にがんと診断された日から2年を超えた日に、がんの治療を目的として継続して入院中の場合、再度、診断保険金を受け取れます。(2年に1回を限度)

気になるデータ

団体がん保険|気になるデータ
団体がん保険|気になるデータ

保険商品詳細

団体がん保険(JR西日本グループOBの皆さま)
パンフレット

資料請求・お見積り、各種お問い合わせ

保険商品の資料請求・お見積り、各種お問い合わせは以下をご利用ください。
お急ぎの方は、お近くの店舗までお問い合わせください。

引受保険会社:
損保ジャパン日本興亜