所得補償保険

長期間働けなくなった時の保険です。

保険料割引率、最大37%!
病気やケガで就業不能になった時、
その期間に応じたご加入の月額補償額(基本保険金額)が支払われる保険です。

病気やケガで就業不能になった時の所得を補償します。通常は補償対象外となる天災危険(地震・噴火またはこれらによる津波)によるケガでお仕事を休まれたときも補償の対象となります。

補償イメージ

こんな方におすすめ
住宅ローンの支払いがまだまだ残っている方
これから子供の教育費がかかる方
世帯の収入の大半をご自身が担っている方

※ 割引率37%は団体割引30%と優良割引10%を連乗したものであり、2019年4月1日から2020年4月1日までの契約に適用されます。団体全員の加入者数・損害率などにより、割増引率が変わり、保険料は毎年見直されます。

社員の皆さま

所得補償保険の特長

1保険金は通算1000日分まで受け取れます。

長期間の就業不能時も安心です。また、通算1000日分受け取られるまでご継続いただけます。

2うつ病など一部の精神障害による就業不能も補償されます。

精神疾患による入院の場合は、全体の20%とも言われています。(※)そのような精神障害による就業不能も補償さるので安心です。

※ 厚生労働省「平成26年患者調査」

35日以上の入院による就業不能時は、入院初期費用もお受け取りいただけます。

入院時にかかる様々な諸費用をカバーできるので、さらに安心です。
この保険では、就業不能になったその日を含めて、継続した就業不能が支払対象外期間(4日)を超えた場合に、支払対象外期間終了の翌日から保険金をお支払いします。なお、入院による就業不能については、支払対象外期間(4日)の間の入院期間についても保険金をお支払いします。4日以内の短期の入院を複数回された場合、2回目以降の短期の入院についてはお支払いできないことがあります。

気になるデータ

実際に働けなくなった場合に。どのような保険金がどれくらいの期間支払われるのか見てみましょう。

所得補償保険|気になるデータ

保険商品詳細

損保ジャパン日本興亜
パンフレット

資料請求・お見積り、各種お問い合わせ

保険商品の資料請求・お見積り、各種お問い合わせは以下をご利用ください。
お急ぎの方は、お近くの店舗までお問い合わせください。

引受保険会社:
損保ジャパン日本興亜(幹事)、
東京海上日動火災保険、
三井住友海上火災保険